あずきち的ニュースまとめweb

ご覧いただきありがとうございます。
あずきちと申します(。・ω・。)

当サイトは主に"まとめブログ"です。
おもしろネタや話題のニュース、体験談等をお届けします。
ご訪問いただいた方に有意義な情報がお届け出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


    【女子高生ひき逃げ】容疑の少年逮捕、女子高生は死亡

    若くして亡くなられた少女のご冥福をお祈りします。

    NO.8346447 2020/04/08 13:16
    ひき逃げ容疑で少年逮捕 女子高生死亡の事故 三重県警
    ひき逃げ容疑で少年逮捕 女子高生死亡の事故 三重県警
    三重県四日市市で3月、女子高校生が車にひき逃げされ死亡した事故で、県警四日市南署は8日、自動車運転処罰法違反(過失運転致死)などの疑いで、とび職の少年(19)=同市室山町=を逮捕した。

    容疑を認めているという。

    逮捕容疑は3月30日午後9時20分ごろ、同市西日野町の市道で、高校1年の横山桜緒璃さん(15)をはねて死なせた上、逃走した疑い。

    同署によると、7日午後に少年の職場の上司から通報があり、その後少年が自首した。

    車はフロントガラスが割れるなどしており、県警は事故で生じたとみて調べている。



    【日時】2020年04月08日 10:42
    【ソース】時事通信
    【関連掲示板】


    【【女子高生ひき逃げ】容疑の少年逮捕、女子高生は死亡】の続きを読む


    【安倍首相】「責任を取ればいいわけではない」発言に非難殺到

    そりゃ当然でしょうよ!(怒)

    NO.8346976 2020/04/08 16:43
    安倍首相「責任を取ればいいわけではない」発言に非難殺到
    安倍首相「責任を取ればいいわけではない」発言に非難殺到
    安倍晋三首相(65)が4月7日、会見で「私が責任を取ればいいというわけではない」と発言。

    非難の声が殺到している。

    同日、緊急事態宣言の発令にちなんで会見を開いた安倍首相。

    日本在住のイタリア人記者から「世界はほとんどロックダウンしています。安倍首相の対策は一か八かの賭けに見えます」といった趣旨の指摘が。

    そして「失敗したらどういう風に責任を取りますか?」と訊ねられると、安倍首相はこう返答した。

    「例えば最悪の事態になった場合、私が責任を取ればいいというわけではありません」続けて、他の国の感染者数や死者数も違うため対策が異なるなどと述べた安倍首相はクラスター対策について言及。

    「クラスターを追跡し潰していけば、収束に向かっていく」と語ったが、Twitterでは安倍首相の発言に非難の声が上がっている。

    《責任はちゃんと取ってほしいし、それくらいの覚悟で新型コロナ対策に臨むべきだと思う》《責任とる位の意志を持ってリーダーポジションに立てよ!って言いたくなりますね》《今の日本を背負う覚悟がないのはちょっと》《国のトップが胸を張って責任を取らないって言うのか》



    【日時】2020年04月08日 15:50
    【ソース】女性自身


    【【安倍首相】「責任を取ればいいわけではない」発言に非難殺到】の続きを読む


    遅すぎる【コロナ給付金】安倍首相の決断を邪魔する戦犯は誰だ!?

    政治屋に下々の国民の暮らしはわからない、わかろうともしない、見殺しにしても心も傷まない。
    でしょ!?(怒)

    NO.8342736 2020/04/07 11:12
    遅すぎるコロナ給付金…安倍首相の決断を邪魔する戦犯は誰だ
    遅すぎるコロナ給付金…安倍首相の決断を邪魔する戦犯は誰だ
    「リーマン・ショック時の経済対策を上回る、かつてない規模の対策を取りたい」そう宣言していた安倍晋三首相(65)が、4月3日に提示した「1世帯30万円」というコロナ給付金に、全国民が首を傾げたに違いない。

    米国・欧州を中心に、国民一律で給付金を支給する国が多いなか、日本では、所得が著しく減った世帯のみなど、条件が設けられる。

    しかも、支給開始は5月以降。

    早速、国民から批判の声が上がった。

    なぜ、諸外国と同じような「迅速」「一律」の現金支給ができないのか。

    永田町では「総理が有力ブレーンに止められたらしい」という “怪情報” も流れたが、ある自民党若手議員は、「ひとえに、岸田(文雄・政調会長)さんが悪い」と怒りをにじませ、こう続けた。

    「当初、安倍首相から与党側の経済対策の取りまとめを一任された岸田さんは、『全国民一律の給付しかない』と訴え、公明党執行部も『それなら金額は10万円だ』と乗ってきていたんです」しかし、岸田氏の前に二階俊博(自民党)幹事長、麻生太郎副総理兼財務相が立ちはだかった。

    「商品券形式での支給を主張する二階さんや、首相時代に定額給付金を配って失敗した麻生さんに、『現金支給は貯蓄にまわされ効果が薄い』とけん制され、折れちゃった。次期首相候補が、この体たらくでは、先が思いやられます」(同前)

    ジャーナリストの鈴木哲夫氏も、こう嘆いた。

    「昔の自民党なら、こんなときには官邸に乗り込んで、緊急対策予算を強引に組ませる政治家が多かった。しかし今では、“官高党低” で、首相の顔色をうかがう政治家ばかりです」自民党内の “戦犯” たちに加えて、官邸でも、安倍首相の側近らが給付金の支給に、二の足を踏んだという。

    「もともと4月1日に、給付金を含む緊急経済対策を打ち出すはずだったが、1週ずれ込んだ。安倍総理の “懐ろ刀” を自任する今井尚哉首相補佐官兼秘書官が、内閣支持率低下や株価の下落を気にする安倍総理のために、タイミングを見計らったようだが、あまりに遅い」(自民党関係者)条件つき「30万円給付金」の財源には、赤字国債の発行も含まれている。

    これに対して、「財政健全化」を最重要課題とする財務省も、給付金の支給には反対し続けてきた。



    【日時】2020年04月07日 06:31
    【ソース】FLASH


    【遅すぎる【コロナ給付金】安倍首相の決断を邪魔する戦犯は誰だ!?】の続きを読む

    このページのトップヘ