任天堂は7月17日、ゲーム機「Nintendo Switch」のバッテリー持続時間を強化した新モデルを8月下旬に発売すると発表した。現行モデルに比べ、1回の充電で遊べるゲームの時間が約1.4~1.8倍に長くなる。価格は据え置きで2万9980円(税別)。

 現行モデルのバッテリー持続時間は約2.5~6.5時間だったが、新モデルは約4.5~9時間になる。使用状況によって変わるが、例えばゲーム『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』なら、約3時間から約5.5時間に持続時間が伸びる。

 任天堂が公式サイトに掲載した比較によれば、バッテリー持続時間以外の仕様は現行モデルと変わらないようだ。米連邦通信委員会(FCC)の認可情報によれば、SoCやストレージの種類、基板の変更で省電力化を実現した可能性がある。

 任天堂は10日、Switchの廉価版「Nintendo Switch Lite」を9月20日に発売すると発表している。

新モデルのパッケージ


(出典 news.nicovideo.jp)


具体的には、バッテリーの持続時間の強化と、パッケージ変更です。
その他は同じ仕様。
限定発売される「ドラゴンクエストⅪ」特別セットも、この『バッテリー強化版』だそうです。


<このニュースへのネットの反応>

いや、それなら旧型に3000円のクーポン付けて売るのやめーや。店側だって在庫処分に困るだろ


修理業者が泣かない作りにしてやってくれ


携帯専用switchを2万で出せるんなら、携帯機抜きで3万ぐらいにして性能あげた据え置き専用switchを出してほしい


バッテリーよりもコントローラーのボタンをですね…


要らない。スイッチは家でしかやらないし、常に充電のコード挿しっぱなしだし、バッテリーを気にする必要は特に無い。


ロトエディションポチっちまったんだが、バッテリーは強化されてるんかね?


バッテリー容量より内蔵メモリの容量を…