あずきち的ニュースまとめweb

ご覧いただきありがとうございます。
あずきちと申します(。・ω・。)

当サイトは主に"まとめブログ"です。
おもしろネタや話題のニュース、体験談等をお届けします。
ご訪問いただいた方に有意義な情報がお届け出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。

    カテゴリ: 事件


    【森友事件】「8億円値引きは問題だった」 近畿財務局の売買担当者が赤木さん妻に告白

    嘘しか言えない安倍晋三(怒)
    アンタのせいで人が亡くなっているのに、国会で追求されたら笑いやがったな!!
    人でなしが!!!


    NO.8304308 2020/03/25 17:13
    「8億円値引きは問題だった」森友事件 近畿財務局「売買担当者」が赤木さん妻に告白
    「8億円値引きは問題だった」森友事件 近畿財務局「売買担当者」が赤木さん妻に告白
    森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん事件に関連し、2018年3月7日に自ら命を絶った財務省近畿財務局管財部上席国有財産管理官・赤木俊夫さん(享年54)。

    その直属の上司だった池田靖・同統括国有財産管理官(当時)が、森友学園への国有地の大幅値引き売却について、これまでの財務省の説明と異なる、新たな証言をしていたことが判明した。

    昨年3月、赤木俊夫さんの一周忌の直後に池田氏が赤木さん宅を訪れた際、俊夫さんの妻・昌子さん(仮名)に国有地売却の詳細を打ち明けていた。

    今回、大阪日日新聞記者・相澤冬樹氏が昌子さんから詳細な記録の提供を受け、新たな重要証言を把握した。

    森友学園は2016年、評価額約9億5600万円の国有地を、約1億3400万円で購入。

    3メートル以深の地中から新たにごみが見つかったため、その撤去費用などとして約8億2000万円を値引きした、とこれまで財務省は説明してきた。

    だが、池田氏は昌子さんに対し、「どれだけ費用がかかって、どれだけ売却価格から引かなければならないかということを、自分たちは最後まで調べようと努力したが、(国交省の)大阪航空局(問題の土地の管理者)は動かなかった」「この8億の算出に問題があるわけなんです。確実に撤去する費用が8億になるという確信というか、確証が取れていない」などと明かした。

    当時、背任容疑について捜査した大阪地検特捜部は、値引きの根拠となったごみ撤去費の算出が不適正だと認定するのは困難として不起訴にし、捜査は終結した。

    財務省に尋ねると、広報室より「地下埋設物の撤去・処分費用については、当時検証可能なあらゆる材料を用いて見積もりを実施したものであり、これまでも国会で説明している通りです」と回答があった。

    だが、近畿財務局の売買を担当した職員も、8億円値引きに根拠がなく問題と発言していたことが明らかになったことで、今後、真相解明を求める声が高まりそうだ。



    【日時】2020年03月25日 16:00
    【ソース】文春オンライン


    【【森友事件】「8億円値引きは問題だった」 近畿財務局の売買担当者が赤木さん妻に告白】の続きを読む


    【卑劣行為】女子中学生にわいせつな行為をした疑いで48歳男を逮捕『東京』

    自己中なオッサン多すぎ!!
    いたいけな少女の親切心に付け込んだクズ行為(怒)

    NO.8246975 2020/03/05 16:31
    「迷子なんだ」女子中学生にうその道案内を頼み、わいせつな行為をした疑い 男(48)逮捕
    「迷子なんだ」女子中学生にうその道案内を頼み、わいせつな行為をした疑い 男(48)逮捕
    女子中学生にうその道案内を頼み、わいせつな行為をした疑いで男が逮捕された。

    松原久剛容疑者(48)は2019年11月、東京・豊島区東池袋で、女子中学生に「友達とはぐれて迷子なんだ」などと言って、うその道案内を頼み、ビルに連れ込んで下半身を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれている。

    松原容疑者は、女子中学生の腕をつかみ肩を組んだ状態で連れ回して、わいせつな行為を繰り返していた。

    調べに対し、「強制的にやったわけではありません」と、容疑を一部否認しているが、警視庁は余罪があるとみて調べている。



    【日時】2020年03月05日 12:31
    【ソース】FNN
    【関連掲示板】


    【【卑劣行為】女子中学生にわいせつな行為をした疑いで48歳男を逮捕『東京』】の続きを読む


    【残虐】生後間もない赤ちゃんの遺体をトイレに遺棄した37歳母親、鋭利な刃物で遺体切断か!?

    顔に出てますね・・・

    NO.8241038 2020/03/03 15:27
    生後まもない自分の赤ちゃんの遺体をトイレに遺棄 鋭利な刃物で切断か 37歳母親逮捕
    生後まもない自分の赤ちゃんの遺体をトイレに遺棄 鋭利な刃物で切断か 37歳母親逮捕
    埼玉県内のドラッグストアのトイレに赤ちゃんの遺体を遺棄したとして37歳の母親が逮捕された事件で、遺体が鋭利な刃物で切断されたとみられることが新たに分かった。

    無職の松原美幸容疑者は去年11月、埼玉県ふじみ野市にあるドラッグストアのトイレに生後まもない自分の赤ちゃんの遺体を遺棄した疑いで逮捕され、3日、身柄を検察庁に送られた。

    赤ちゃんは男の子で、下半身がない状態で発見されたが、現在も下半身の遺体は見つかっていない。

    その後の捜査関係者への取材で、赤ちゃんは遺体の状況から、鋭利な刃物で切断されたとみられることが新たに分かった。

    松原容疑者は出産直後に遺体を切断したとみられ、警察は、死体損壊の可能性もあるとみて慎重に調べている。



    【日時】2020年03月03日 14:15
    【ソース】日テレNEWS24
    【関連掲示板】


    【【残虐】生後間もない赤ちゃんの遺体をトイレに遺棄した37歳母親、鋭利な刃物で遺体切断か!?】の続きを読む


    【神戸・教諭いじめ問題】東須磨小学校の教師を処分、2人懲戒免職・1人停職・1人減給

    女性教諭が一番悪質なのに、なぜ停職?
    最も懲戒免職案件でしょ!?

    NO.8229502 2020/02/29 17:04
    神戸市立東須磨小学校の教諭いじめで処分 2人懲戒免職 1人停職 1人減給
    神戸市立東須磨小学校の教諭いじめで処分 2人懲戒免職 1人停職 1人減給
    神戸市立の小学校で教諭が同僚をいじめていた問題で、市の教育委員会は加害者の教諭4人らの懲戒処分を決定しました。

    「激辛カレーいじめ」のほか、セクハラ行為も繰り返していたとして30代の男性教諭2人を懲戒免職としたほか女性教諭1人を停職3か月、男性教諭1人を減給の処分としています。

    神戸市の市立東須磨小学校で4人の教諭が同僚をいじめていた問題で市の教育委員会は28日、懲戒処分を決定しました。

    もっとも重い懲戒免職となったのは、蔀俊教諭(34)と柴田祐介教諭(34)の2人です。

    蔀教諭は、最も多い93件のハラスメント行為が認定され、激辛カレーを無理やり食べさせるなどの暴行のほか、交際相手とのわいせつな写真を送らせるなどのセクハラ行為もしていたということです。

    柴田教諭は、目の下に激辛カレーを塗り付けたほか、別の女性教員へのセクハラ行為など39件が認定されました。

    また、「カレーいじめ」以外にも児童のいすを引いて転倒させるなど、不適切な指導をしたとして45歳の女性教諭を停職3か月としました。

    さらに、暴行や暴言を繰り返した37歳の男性教諭を減給10分の1、3か月としました。

    一方、歴代の小学校の校長について、今の校長を減給10分の1、3か月に、前の校長はパワハラなども認定し、停職3か月としました。

    長田淳教育長は「児童や保護者、被害に遭った教員に心よりおわび申し上げます。学校職員と教育委員会が一体になって再発防止に全力をあげてまいります」と謝罪しました。

    免職の蔀教諭 いじめで主導的な役割

    懲戒免職となった蔀俊教諭(34)は、一連のいじめで主導的な役割を果たしたとされ、最も多い93のハラスメント行為が認定されました。

    「激辛カレー」いじめや車に乗るなどの行為、そして教員室などで日常的に「クズ」「死ね」などと暴言を吐いたほか、勝手に携帯電話から女性の同僚教諭に対して不適切な文言をLINEで送るなどの嫌がらせをしていました。

    さらに、交際相手とのわいせつな写真を送らせたり、性的な言動を繰り返したりしていたほか、別の女性教員に対するセクハラ行為も認定されています。

    調査報告書では蔀教諭の行為について「悪ふざけ、からかいの延長だったが、被害者は『嫌われると小学校で仕事ができなくなる』という恐怖があった」としたうえで、「弱い者を『いじる』ことで笑いをとる典型的な『いじめ』心理そのも..



    【日時】2020年02月28日 19:34
    【ソース】NHK
    【関連掲示板】


    【【神戸・教諭いじめ問題】東須磨小学校の教師を処分、2人懲戒免職・1人停職・1人減給】の続きを読む


    【あおり運転】後続車を止め運転手を殴った47歳男を逮捕

    去年あれだけあおり運転が問題になったのに、まだこんな事する愚かな輩がいるとは…

    NO.8214967 2020/02/23 18:26
    首都高であおり運転、後続車を止め運転手を殴った建設会社社長の男(47)逮捕
    首都高であおり運転、後続車を止め運転手を殴った建設会社社長の男(47)逮捕
    首都高速道路で急ブレーキをかけて後続車を止め、運転手を殴ったとして会社社長の男が逮捕されました。

    クラクションを鳴らされたことに腹を立て、あおり運転を繰り返したとみられています。

    傷害の疑いで逮捕されたのは川崎市に住む建設会社社長、今野恵一容疑者(47)で、今月7日、渋谷区笹塚の首都高速で、急ブレーキをかけて後続の軽トラックを停車させ、運転手の男性(30代)を殴って軽傷を負わせた疑いが持たれています。

    警視庁によりますと、今野容疑者はクラクションを鳴らされたことに腹を立て、数キロにわたって車間距離を詰めるなどのあおり運転を繰り返したとみられています。

    取り調べに対し、「つかみ合いにはなったが、殴っていない」と容疑を否認しています。



    【日時】2020年02月23日 10:03
    【ソース】TBS News
    【関連掲示板】


    【【あおり運転】後続車を止め運転手を殴った47歳男を逮捕】の続きを読む

    このページのトップヘ