あずきち的ニュースまとめweb

ご覧いただきありがとうございます。
あずきちと申します(。・ω・。)

当サイトは主に"まとめブログ"です。
おもしろネタや話題のニュース、体験談等をお届けします。
ご訪問いただいた方に有意義な情報がお届け出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。

    カテゴリ: 災害


    【熊本】変わり果てた街の姿に住民達は言葉を失う・・・

    コロナ禍においてのこの災害…
    もう無能政府に期待は出来ないでしょう。(今までもロクな対策した事ないですし)
    それでも住民の皆さんには希望を捨てずに頑張っていただきたいと切に願います。。

    それにしても、特に緑文字で編集したコメントの方々!よく他人の不幸で不謹慎なコメント書けますね!人間性を疑います(怒)
    それ以前に、被害に遭われた方々への労いや応援コメントがほぼ皆無な事が残念です。
    日本人のモラルは完全に崩壊してしまったのか!?

    NO.8635545 2020/07/05 17:42
    変わり果てた街の姿 未明の豪雨に言葉失う住民ら
    変わり果てた街の姿 未明の豪雨に言葉失う住民ら
    熊本県内初の大雨特別警報が出された県南部では4日、各地で土砂災害が相次ぎ、河川が氾濫。

    道路の寸断で多くの集落が孤立した。

    水に漬かり変わり果てた街の姿に、住民たちは言葉を失った。

    猛烈な雨が降り続いた午前3時ごろ、芦北町中心部では川の水があふれ、同町湯浦の自営業工木貴裕さん(45)の自宅にも濁流が押し寄せた。

    2階に上がり難は逃れたが「短時間で一気に水が押し寄せた」と振り返った。

    夜が明けるにつれ、被害が少しずつ明らかに。午前7時ごろ、芦北町役場で対応していた40代の男性職員は「ひっきりなしに電話が鳴り響き、被害の全容が全く見えない」と漏らした。

    避難者は不安な朝を迎えた。

    人吉市の球磨川近くで1人暮らしをする母を避難させた宮崎元伸さん(61)は「その後の家の状況は分からない。おそらく浸水しているだろう」。

    0歳と1歳の女児と避難した夫婦は「子どものミルクとおやつくらいしか持ち出せなかった」と不安そうだった。

    午前9時35分ごろ、県庁の防災センターに防災ヘリ「ひばり」から緊迫した声と映像が届いた。

    「孤立による多数の要救助者を確認。今から救助を行います」。

    映像に映し出された球磨川や八代市坂本町一帯は、ほとんどの民家が水にのまれていた。

    同市役所坂本支所は1階部分に浸水。

    濁流の中に流れていく民家の屋根が見えた。

    八代市の前川には木くずや灯油缶などのごみが流れ、周囲に異臭が漂った。

    近所の男性(65)は「こんな川の姿を見たのは数十年ぶり」と驚いた様子だった。

    熊本地方気象台の板東恭子台長は緊急記者会見で「雨量は予想を超えてきた」と明かした。

    県南部はこれまでの雨で土壌が緩んでいた。

    そこに猛烈な雨が降り注ぎ、河川水位の急激な上昇を招いたという。

    「危険度が急に上昇した。よく分析したい」と厳しい表情を見せた。



    【日時】2020年07月05日 06:00
    【ソース】西日本新聞
    【関連掲示板】


    【【熊本】変わり果てた街の姿に住民達は言葉を失う・・・】の続きを読む


    【森田健作千葉県知事】台風15号真っ只中に「公用車で別荘」へ訪れていた疑惑浮上!

    千葉県民激オコヽ(`Д´)ノ

    NO.7932226 2019/11/07 08:13
    森田健作千葉県知事 台風最中に 「公用車で別荘」
    森田健作千葉県知事 台風最中に 「公用車で別荘」
    相次ぐ台風によって甚大な被害が出ている千葉県。過去最強クラスの台風15号が猛威をふるっていた9月10日、森田健作知事(69)が被害対策にあたらず、県北東部の芝山町にある自身の別荘に公用車で訪れていた疑惑が浮上した。
     
    前日の9日未明、台風15号は千葉県を直撃。

    深刻な被害が明らかになる中、9日は平日にもかかわらず、登庁せず知事公舎で「情報収集」にあたっていた森田知事。

    翌10日、県庁ではようやく午前9時過ぎに災害対策本部が設置されたが、午後3時前、森田氏は公用車に乗り込み、県庁から姿を消した。

    「県議会でも10日の公用車の走行記録を疑問視する声が上がりました。

    県の秘書課の回答は『知事が被災地を私的に見たいと考え、指示を受けた場所に知事を送り届けた。コンビニで知事を降ろして県庁に戻り、知事は自分が用意した車で富里市方面を視察して回った』というものでした」(県政担当記者)

    「週刊文春」取材班は、森田知事が視察したとされる富里市の全市議18人と市長に確認したが、回答を得られなかった2人を除き、誰も視察の事実を把握していなかった。

    一方、富里市の隣にある芝山町には、森田氏の別荘があるが、芝山町議は..



    【日時】2019年11月07日 06:00
    【ソース】文春オンライン


    【【森田健作千葉県知事】台風15号真っ只中に「公用車で別荘」へ訪れていた疑惑浮上!】の続きを読む


    【首里城火災】これが火元か!? 焦げた分電盤が正殿1階北側で発見

    それでも頑なに放火説を唱えるネット民の皆様…

    NO.7923256 2019/11/04 12:30
    首里城火災 焦げた分電盤 火元とされる正殿1階の北側で発見
    首里城火災 焦げた分電盤 火元とされる正殿1階の北側で発見
    那覇市にある首里城で起きた火災で、火元とされる正殿1階の北側の焼け跡から焦げた分電盤が見つかっていたことが警察などへの取材で分かりました。警察は今回の火災との関連を調べるとともに、現場の検証を続けるなどして詳しい出火原因などの特定を急ぐことにしています。

    先月31日に那覇市にある首里城で起きた火災では、城内の建物に次々と火が移り、11時間にわたって燃え続け、正殿など城の主要な建物が全焼しました。

    火災発生の直後、警備員が正殿の裏手にある1階の北寄りの窓から煙が激しく出ているのを目撃していたことなどから、警察は正殿1階の北側が火元とほぼ断定しています。

    現場では警察と消防が3日も合同で検証を行っていますが、これまでに、正殿1階の北側の焼け跡から焦げた分電盤が見つかっていたことが警察などへの取材で分かりました。

    分電盤は各階やフロアに電気を分配する設備で、3日、現場から分電盤とみられる設備を運び出しました。

    警察は、分電盤の鑑定を進めて今回の火災との関連を調べるとともに、今後も現場の検証を続けるなどして詳しい出火原因などの特定を急ぐことにしています。



    【日時】2019年11月03日 11:53
    【ソース】NHK
    【関連掲示板】


    【【首里城火災】これが火元か!? 焦げた分電盤が正殿1階北側で発見】の続きを読む


    台風19号被害 「激甚災害&非常災害」に閣議決定

    おっそ!!(怒)
    詐欺政権は早々に木っ端微塵に解体して下さい!!!!

    NO.7910942 2019/10/29 10:22
    台風19号 「激甚災害」と「非常災害」に閣議決定
    台風19号 「激甚災害」と「非常災害」に閣議決定
    政府は29日の閣議で、東日本一帯が大規模な被害を受けた台風19号について、被災自治体への財政支援を強化する「激甚災害」と、復旧事業の一部を国が代行する大規模災害復興法に基づく「非常災害」に指定すると決定した。

    激甚指定は千葉県などに大規模停電をもたらした今年9月の台風15号以来で、非常災害の指定は2016年の熊本地震以来2例目となる。

    政府は台風19号について既に、被災者に運転免許証の有効期限延長など行政上の特例措置を適用する特定非常災害特別措置法に基づく「特定非常災害」にも指定している。

    堤防決壊による浸水など被害が各地に及び、市民生活に深刻な影響を与えていることから国が前面に出て復旧事業を加速させる。

    「本激」と「局激」の主に2種類ある激甚災害のうち、特に広域被害に適用する「本激」に指定し、地域を限定することなく被災した全ての自治体に財政支援をする。

    具体的には河川や道路などの復旧事業に対する国の補助率をかさ上げするほか、中小企業などの資金繰りを支援する。

    非常災害指定では自治体の復旧事業を国が代行できるようになる。

    国土交通省は被災自治体の要望に基づき、宮城県の国道349号、福島県の..



    【日時】2019年10月29日 09:22
    【ソース】毎日新聞
    【関連掲示板】


    【台風19号被害 「激甚災害&非常災害」に閣議決定】の続きを読む


    【首里城焼失】国が防火設備を一部撤去していた!

    ろくでもない事の裏側には必ずと言っていい程”彼”の存在があるね(怒)
    一刻も早く政権交代してくれ!!

    NO.7922179 2019/11/03 06:40
    首里城焼失 国が防火設備撤去していた 安倍政権時 安全管理の見通しの甘さ
    首里城焼失 国が防火設備撤去していた 安倍政権時 安全管理の見通しの甘さ
    那覇市首里当蔵町の首里城の正殿や北殿、南殿など計7棟が焼失した火災で、正殿の外に設置されていた「放水銃」と呼ばれる消火設備5基のうち1基を、2013年12月までに国が撤去していたことが1日、分かった。

    沖縄総合事務局の担当者は本紙の取材に「火災発生時にも放水銃4基で対応できると判断し、代わりの防水設備を設置しなかった」と回答した。

    今回の火災は、スプリンクラーなどの消火設備の不足が大規模な延焼につながったと専門家らは指摘しており、安全管理の見通しの甘さが改めて浮き彫りになった。

    首里城公園を管理する沖縄美ら島財団によると、放水銃は正殿外部の初期消火や延焼防止のために設置され、火災発生時に手動で正殿の屋根上部まで放水できるようになっている。

    当初は正殿の北側、東側、南側にそれぞれ1基と正面の御庭に2基の計5基があったが、13年12月に完了した黄金御殿の復元工事に伴って南側の1基が撤去された。

    同財団の広報担当者は「復元工事は11年から13年にかけて行われ、この間のいずれかの時期に撤去された」と説明。

    放水銃の撤去について、首里城公園を今年2月まで管理していた国と、管理を受け継いだ県、指定管理者の財団..



    【日時】2019年11月02日 09:49
    【ソース】琉球新報
    【関連掲示板】


    【【首里城焼失】国が防火設備を一部撤去していた!】の続きを読む

    このページのトップヘ